[ カテゴリー » 日 記 ]

針仕事の賃

 この頃針仕事の賃を、安二郎の言うままに渡して来たことを、お君はちょっと後悔した。(内緒で銭を蓄めんならん)長い睫毛のうしろで綺麗な眼の玉をくるりくるりまわしながら、針箱の抽出へこっそり隠すべき一円紙幣や五十銭銀貨を頭に描いた。(オーバーてなんぼ程するのやろか) しかし、安二郎が声を掛けたのでお...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:22 pm  

思わず女房の名を呼んだ

「お君!」と、思わず女房の名を呼んだ。しかし、べつに改めて言うべきこともなかったので、咄嗟に考えて、用事を吩咐ることにした。「電気座蒲団の線はずしてんか」自分で立ってはずすと、その間座蒲団の温もりから尻を離さねばならない。それが惜しいのだ。「よろしおま」お君は立ってコードをはずした。だんだん座蒲...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:21 pm  

行水をするとき

 安二郎は痔をわずらっているので、電気座蒲団を使っている。その電気代がたまったものではない。尻に焼けつく思いがするのだ。それを想えば、この上灰にしかならぬ高価い炭をうかうかと使うてなるものか。(寒いといえば目茶苦茶に炭をつぎやがるし、暑ければ暑いで、目茶苦茶に行水しやがるし、どだいこのおなごの贅沢...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:20 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0463 sec.

http://chuta-aivy.com/