レヴュー「銀座の柳」

 弥生座の舞台にレヴュー「銀座の柳」の幕が上った途端、二階の客席からそう奇声があがった。「東銀子頑張れ!」 知らぬ人は、東銀子とは舞台の前方へ一人抜け出してチャールストンを踊っている主役の踊子だと、思ったかも知れぬ。が、実は後列の隅の方で沢山の踊子にまじって細い足を無気力にあげている胸の薄い少女が、東銀子だった。「銀ちゃん、頑張って頂戴」 声のする方を見あげて、銀子は、あ、北山さんだと、手をあてた腰を動かしながら、ふっと泪が落ちそうになった。いつの間にまぎれ込んだのか、二階の客席でしきりに銀子の名をよんでいるのは、文芸部の北山だった。 昭和…年頃のあやしげなレヴュー団によくあった例だが、そのレヴュー団、ピエロ・ガールスではたいていの踊子たちは入団した途端に女にされてしまう。そのたび、文芸部の北山はものの哀れを感じたといって、泥酔してしまうのだった。 東銀子は十七歳、一月前に入団したとき、その少年のような胸を見て、北山は男優一同に、「此の子にさわるでねえぞ!」と常にない凄んだ声で駄目を押した。「するてえと、バッカスの旦那が、泡盛の肴に生大根を囓るって寸法ですかい」 北山は先生とはよばれず、バッカスの旦那で通っていた。未だ三十五、六だが、浅草にいた頃の電気ブラン、浅草から千日前へ崩れて来てからの泡盛のために頭髪がすっかり禿げあがって、爺むさかった。「莫迦野郎! おれは小便臭いのは此の小屋の臭いだけで充分だ」 そうはいったものの、しかし間もなく起った「北山老人は東銀子にプラトニックラブを捧げている」という噂を、北山自身敢て否定しなかった。そう思わせて置く方が銀子をまもるためにも良いのだと、つまり北山もいつかその噂を否定しがたい気持になっていた。毎夜小屋がハネると、南海通の木村屋喫茶店へ銀子を連れて行った。銀子は、「北山さんはお酒のむから、きらいやわ」

— posted by id at 03:17 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2270 sec.

http://chuta-aivy.com/