豹一の答案がいちばん出来が良かった

「まだある。やっぱり同じ男や。Platon(プラトン)はインクの名前やいうとるねや」「文房具で流したところは、なかなか凝ってますな。まだありませんか。傑作は――」「室内楽を麻雀やぬかしとる」「こら良え。なるほど麻雀やったら、部屋のなかで鳴りますな」「部屋の中の楽しみやと考えよったのやろ」「...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:26 pm  

作文「新聞の使命に就て」

一、作文「新聞の使命に就て」二、左の語を解説せよ Lumpen 室内楽 A la mode Platon[#ここで字下げ終わり] そんな問題だった。横文字を読むために問題用紙を横に動かす音が、サラサラと鳴った。豹一の傍の席でしきりに鉛筆を削っていた男が、暫く問題を見つめていたが、いきな...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:25 pm  

背の高い痩せた男

(どうせ、今登って来た階段の数は何段あったかなんていう問題を出されるに決っているのだ)試験の結果に就いては前以て全く諦めていた豹一は、腹立ちまぎれに、そんなことを考え、そのため一層苛立っていた。(「歩数だけ」と答を書いてやろうかな。但し二段一度に登ったところもあり、正確を期待しがたい――か。ケッ、ケ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:24 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2631 sec.

http://chuta-aivy.com/